自分の便秘解消の話|薬も運動もとりあえず無しで体を軽くする方法

2019/12/14



自分の場合:便秘の原因とその解消法

いきなりですが便秘の話から。
自分、普段の一人暮らしでは何ともないのに、実家に帰ると必ずと言っていいぐらい便秘気味になります。

この場合の理由は明白で、食費を切り詰めることが使命といわんばかりの生命維持ギリギリの食生活がデフォルトになっている一人暮らしから、たまに実家に帰ると張り切って色々食べちゃうからなんです。

というわけで自分の便秘解消法は食べ過ぎないことです!

もちろん便秘に悩んでいる人は沢山いて、それぞれ理由は違ってくる(病院で何とかしないといけないケースもあるだろうし)と思うので、あくまで自分の場合ですけど…。

思えば実家を出る前も慢性的に便秘がちだったので、そういう人多いんじゃないかな?

 

「食べ過ぎない」効果は多分凄い

自分流「食べ過ぎない食生活」は、お昼ご飯をしっかり食べて、あと夜に食パン1枚+ヨーグルトあたりを食べるだけです。なんちゃって一日一食法です。ただこれは一日の大半を机に向かって座っているような運動しない日の場合なので、それなりに動いたりする場合はこれでは多分足りないです。
あと、水分はじゅうぶんとります。一日中、少しずつ水を飲む感じ。

↑のような一日一食とかプチ断食とか、食事量を減らして健康になるっていう内容の本もたくさん出ていますので、お腹を空かせる事が体に悪いとは限らない、むしろ良い場合もある…はず。

そんな感じで食べる量が少なくなってから何年も経ちますが、実家でしっかり食べていた頃より体重は少し減ったところからずっと変わっていません。それ以上痩せる気配もないので、もしかしたら「食べ過ぎない」ことはベストな体重を維持できる(つまり太りすぎの人は丁度いい体重までダイエットできる)ではないかと思ってます。痩せすぎている人は…いや痩せすぎの人は沢山食べていいと思う。
しかも、便秘を始めとしたこれといった体の不調もずっと無し。(運が良かっただけかもしれないけど)

そういうわけで、”しっかり食べている”つもりが実は食べ過ぎで、そのせいで不調に悩んでいる人も多いんじゃないか、と最近は思います。だって食べる量をあれだけ減らしても平気どころか元気でいるんだから、それ以上食べた分が体に良い働きをするとはどうしても思えないですし。

ただ、単に「一日一食にすればいいよ!」という話じゃなくて、特に理由もなく「一日三食しっかり食べなきゃ!」って頑張って食べているのに何らかの体の不調に悩んでいたら、試しにまずライフスタイルに合わせた無理のない範囲で食べる量を見直してみるのはいかがでしょうか。



「断食」は健康法としては不完全だとも思う

ただ、自分の考えでは「食べ過ぎをやめる」事は健康法やダイエット法の単なる導入部分であって、それ以上に大事なのが「運動」だと思います。

まずは食べ過ぎをやめて、更に適量かつ適切な運動をして初めて本当の意味での「健康」が手に入るんじゃないかと思います。(一日中座ってる奴が言う事じゃないけど)

食事量そのままで中途半端に運動したって痩せないと思う。結局どっちも必要なんだと思う。

 

それでも便秘などの不調が治らなかったら

もしそれでも、どうやっても不調が良くならなかったら!

病院へ行きましょう。

例えば、もちろん「ただの便秘」でもですよ。便秘だって立派な疾患ですよ。色々な健康食品やらサプリやら運動法やら…色々と試してもダメな時は多分ダメなんですよ…。

自分の身内の話ですが、今までずーっと便秘知らずだった人が突然酷い便秘に悩まされるようになって病院に行ったら進行済みの大腸がんだった事があります。その人は病院嫌いだったらしく何年も検診を受けていませんでした。そりゃ分からないわ。

今言ったのは極端な例ですけど、不調を治そうと真偽の分からない健康法をダメ元で試すよりお医者さんを頼った方が確実ですからね。
というわけでその点だけはどうぞよろしくお願いします。

明らかに体に不調があるのに病院で検査しても「異常なし」と言われた場合は、心療内科の受診がおすすめです。

関連記事
関連記事
 

Copyright© SR!/夏屋 , 2019 All Rights Reserved.