台風への備えで自分がやらかした小さなミス3つ。見落としを防げ~

2019/10/21

些細な事なんですけど、自分が台風対策の際に見落とした&気付いたことを3つ書いてみます。
何かの参考になれば幸いです。

もくじ
1:食料を含めて買い物は2日以上前に済ませておく
2:バスタブに水を溜めたつもりが…
3:集合住宅の「住民ほぼ全員が自宅待機」の罠



1:食料を含めて買い物は2日以上前に済ませておく


明らかに直撃する!という予報の時は特にですけど、前日のスーパーの混み具合はまじでやばいです。レジで長時間並ぶ事になり大変です。
中でもパンはマッハで無くなってしまうので、できれば2日前までには買い溜めしておかなきゃだめだなーと毎回痛感してます。1日ぐらいじゃパンなんかも腐らないですし。不安なら冷蔵庫に入れておけば安心だし。
停電した場合を考えて、冷蔵庫の中身も腐りやすいものは減らしておくといいそうなので…やっぱりパンか…。パン最強か…。

食品だけでなくホームセンターなんかで売っているような防災グッズも近付く台風の規模や進路によっては全滅もありえるので、こちらも2日以上前に買っておくべきだと思います!
まあ防災グッズって基本的に普段から家に置いておくものだから直前に買うようじゃ駄目なんだけどね…。

 

2:バスタブに水を溜めたつもりが…

台風対策として水の備蓄も大事ですよね!

今の部屋に引っ越してからずっとシャワーだけだったんですけど、台風前に「断水に備えてバスタブに水を溜めておこう!」と思い、初めてお風呂に栓をして水を溜めてみた時のことです。

けっこう溜まったので水を止めて、そのまま暫くお風呂の様子は見てなかったんです。

で、いざ台風直撃した後で何となくお風呂をチェックすると…

み、水がなくなってる!

なんと、栓のゴム部分が劣化していてヒビ割れていたため、隙間から水が漏れ出していたんです!もったいねえええ!!
台風の最中に大量の水をドブに捨てるというギャグにもならないアホな失敗をやらかしてしまいました…今後はそういう細かいところも注意しなければ。慢心はよくない。

 

3:集合住宅の「住民ほぼ全員が自宅待機」の罠


集合住宅によっては、台風直撃により「住民のほとんどが家にいる」という条件下でLAN回線が死ぬという恐ろしい現象が起きます。みんなが一斉に建物共通の回線を使うと速度が壊滅的に落ちるんです。

今までひどい時は画像のダウンロードもままならないぐらい速度が落ちて、wifiでの暇つぶしのゲームもろくにできないという事態になったりしました。仕事でネット使うならもう絶望です。

もし集合住宅に住んでいて、夜は回線速度が落ちる…等、これに当てはまりそうなら、ネットが必要な作業は早めに終わらせておくぐらいの余裕は持ったほうがいいかも。

 

台風は数々の自然災害の中でも、観測や予測に携わる人々の努力のおかげで「規模や場所が数日以上前からほぼ正確に分かる」という特殊なものです。だからこそ私達も情報を活用して事前にできる対策はなるべくしておくべきだと思います!

家は幸い高台にあるので洪水だけは心配ないんですが、それでも備えるべき事が多すぎていつも中途半端になってしまうので、せめて毎年改善していくぐらいの根性は見せたいところです。


台風や大雨でも:お家に保険申請可能な被害があるかを無料で調査

関連記事
関連記事
 

Copyright© SR!/夏屋 , 2019 All Rights Reserved.