メイキング|創作漫画「EtoR」本文(水彩着色)

当サイトでやってる創作漫画「EtoR」ですが、よく考えたらアナログ水彩で塗ってるってもしかして珍しいんじゃないかな?ということで今更ですが本文のメイキングをご紹介しようと思います。

イマイチ信じてもらえてない感あるけど本当にアナログですから!本当ですから!

今回はこの部分の作業をやるよー。

まずえんぴつで下書き。

使ってる紙はアイシー漫画原稿用紙110kgのB4…を半分に切ってB5にしたやつ…の裏面です!まともな使い方してない。

最初からB5無地のやつがあればよかったんだけど見つからなかったのでこんな面倒なことをしてます。他メーカーの紙もちょっと試したけど変なにじみ方したりで綺麗に塗れなかったので断念しました。アイシーつよい

次・ミリペンで線画を描いていきます。大体メインで使うのがピグマ01、フキダシとコマ枠は08であとは適宜変えたり変えなかったり、あと効果音なんかに筆ペンやサインペンも使います

線画おわりー。えんぴつ部分は念入りに消します。消しゴムかけてもあんまり薄くならないピグマもつよい

次は黒の水彩絵の具で色を付けます。黒のみで濃淡を変えてます(未だに思い通りにならない)。筆は細めの彩色筆1本だけ。

塗り完成ー。

次・スキャンしてPC作業にいきます。このままだと紙がボコボコで影ができちゃうので裏面を濡れタオルで拭いて湿らせてからローラーで伸ばすみたいな地味な作業を経てからスキャナで取り込みます

スキャン後ある程度綺麗に見えるまで補正をかけてから、セリフの文字入れと、アナログ作業では一切やっていなかった絵の部分修正をここでやります。汚れやはみ出したところを消すとかはもちろん、あったものを無かったことにしたり、大きさを変えたり、位置をずらしたり、結構やりたい放題である。 PCつよい

そんな感じで制作してます!頑張って完結目指すのでよかったら読んでね!

関連記事
関連記事
 

Copyright© SR!/夏屋 , 2020 All Rights Reserved.